企業紹介
経営理念     |    運営方式     |    振発の歴史     |    世界展開     |    品質およびHSF政策     |    組織と構造
企業社會責任
チャリティー     |    企業環境保護     |         |         |         |    
人力资源
工場紹介    |    福利    |    募集職種    |    お問い合わせ
 
企業紹介
経営理念
運営方式
振発の歴史
世界展開
品質およびHSF政策
組織と構造
首頁 / 企業紹介 / 振発の歴史
振発の歴史

2010 中国常州工場が工場拡大して、生産規模を拡大することを予定。

 
2009 ISO9001 (2008) 品質システム検証に合格。
中国常州工場が80~330トンプレス機を増設。その中には300トン双軸プレス機も含まれ、生産能力を拡大。プレス機3in1材料送り機を追加し、生産能力を向上。これ以外に2本の220トンのロボットアーム自動生産ラインを加え、同年ISO9001(2008版)国際認証に合格。

ISO 9001:2008証書

中国常州工場ISO 9001:2008証書

 
2008 ISO/TS16949自動車品質システム および QC080000グリーン製品システム認証に合格

ISO/TS 16949証書

QC080000証書
160トンロボットアーム設備を増設して、生産能力および品質安定性を向上。
160トンおよび200トンロボットアーム生産ラインを拡張して、生産能力および製造プロセス速度を向上。
中国常州工場が1本の液体塗装ラインを増設して、生産能力拡大。

 
2007 単軸200トンプレス機を購入して、生産能力を向上。
160トンロボットアーム設備を追加して、製造プロセス速度および品質の安定性を向上。
中国常州工場がNCTデジタルコントロール工作機械を増設して、生産能力を拡張。

2006 単軸200トンプレス機、110トンプレス機を増設して、生産能力を向上。
10万クラスクリーンルーム設備を増設。
テストのために高温テスト室を増設。
中国常州工場が12槽超音波洗浄設備を増設、光電類製品のためにさらに良い生産状況を提供。

2005 200トンロボットアームおよび160トンロボットアームシステムを新購入して、製造プロセス速度および品質の安定性を向上。
300トンプレス機を増設して、さらに大型の製品サービスを提供し、製造プロセス速度を向上。
中国常州工場増設第二車間を拡張、工場面積は6681.70M。

2004 200トンロボットアーム設備を増やし、製造プロセス速度および品質の安定性を向上。
中国常州工場にプラスチック射出機台100T~400Tを増設、並びに試産を開始。同時に250トン双軸プ

 
2003 300トン双軸プレス機を増設して、さらに大型の製品サービスを提供して、製造プロセス速度を向上。

 
2002 レーザー切断機を拡張、手製サンプル生産能力を向上。
中国常州工場生産規模を拡大、各種プレス機およびプラスチック射出設備を増やし、各種ケースを工場内で自作できるようになる。

2001 資本剰余金千一百万元を増資に転換し、剰余金一億九千九百万元を増資に転換、実収資本額台湾ドル八億四千八百万元、継続増資して、中国新工場建設およびアメリカ生産規模拡大。
一億四千二百一十八万元を現金増資、剰余金一億五千七百万元を増資に転換し、実収資本額十一億四千七百十八万元、オフィスビル購入および設備を更新拡張。

 
2000 財団法人中華民国証券カウンター売買センターおよび証期会の許可を経て、2000年二月九日正式上場。
資本蓄積三千八百万元を増資し、剰余金一億四千二百万元を増資に転換し、実収資本額台湾ドル六億三千八百万元。三次元検査設備を増やし、絶えず製品の品質を向上し、160トン自動化ロボットアームプレス機生産ラインを拡張。
アメリカアリゾナ州土桑工場生産規模を拡大し、中国江蘇省常州に新工場を建築。
アメリカ工場で正式にロボットアーム全自動化等量産。

 
1999 レーザー切断設備およびCNCプレス機を拡張して、手製サンプルの生産能力を向上。
資本剰余金五千二百万元を投資に変換し、剰余金一億六百万元を増資に転換し、実収資本額台湾ドル四億五千八百万元、200および160トン自動化ロボットアームプレス機を拡張。

 
1998 現金台湾ドル五千七百万元を増資、剰余金台湾ドル四千四百万元を増資に転換し、実収資本額台湾ドル三億元、証期会の許可を経て、公開発行公開発行。
熱浸すず配合プレス技術設備を導入して、「通用」主要の周波数変調器外殼供給メーカーになる。
160、200および110トン自動化ロボットアームプレス機生産ライン三本を拡張して、生産能力を向上して、さらによいサービスを提供。

 
1997 廃水処理設備および廃気処理設備を増設。
ISO 9002国際品質認証に合格、台湾ドル一億九千九百万元に増資。

 
1996 160トン自動化ロボットアームプレス機生産ラインを拡張。

 
1995 すずメッキ設備を拡張して、多元的なお客様サービスを提供。

 
1994 台湾ドル一億元に増資して、各種自動化設備および110トンNC~200トン全自動ロボットアームが生産ラインを構成。

 
1991 レーザー切断機を購入して、少量多種類製品を製造し始め、お客様の開発時間を短縮。

 
1987 台湾ドル五千万に増資して、工場を購入して、会社が現在の住所(台北三重工場:台北県三重市光復路二段25号)に引っ越す。

 
1983 台湾ドル三千五百万元に増資して、AIDA 110トンNC-1気圧式プレス機を導入、AIDA NC1-11プレス機およびロボットアームが自動生産ラインを構成し、業界をリードする。

 
1980 線切断設備を購入して、線切断部門を成立させ、全国プレス界で初めて線切断を導入した先駆となる。

 
1978 他社に先駆けて高速プレス自動化作業を採用。

 
1972 元の名前は振発有限会社、資本額台湾ドル千五百万元、電子部品プレスの設計製造加工業務を経営。

 
1964 元の名前は工業の社、プレスサービスを提供し始めました 。

 
 
 
すべての著作権 チョン脂肪工業株式会社    住所:臺灣新北市三重地区新北大道二段252番5楷    電話番号:886-229951439    Design by OZCHAMPWeb Design